借金の返済に困って自己破産などの債務整理を行うと、ブラックリストに名前が載ってしまう、そんな借金ブログ話を聞いたことがある方は多いでしょう。
ブラックリストというのは、信用情報機関の事故情報のことを言います。
信用情報機関というのは、日本信用情報機構(JICC)と指定信用情報機関(CIC)、全国銀行個人信用情報センターの3つがあり、それぞれの期間に加盟している金融会社から寄せられる個人の借り入れと返済情報を管理しています。
3つの機関が情報を共有している場合もあります。
信用情報の内容というのは、借金やクレジットカード、ローン、リース、分割払いなど、さまざまな借り入れや返済の状況です。
信用情報の中に、返済が遅れるなどのトラブルがあった場合、その情報が事故情報として登録をされ、ブラックリストとしての扱いを受けることになってしまうのです。
信用情報をもとに、借り入れやローン、クレジットカードの申し込みに対して審査を行ないます。
ですので、信用情報に事故情報が登録をされていれば、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。
最近では、携帯電話の本体代金が高額になっていることから、分割で購入をされている方が多いです。
この携帯電話の分割に対する支払い状況も、信用情報に登録をされているということを知っておくようにしましょう。
自分の信用情報について知りたければ、それぞれの機関に問い合わせをすれば誰でも教えてくれます。