一生で1番大きな買い物と言われている家ですが、ほとんどの方がローンを組んで家を購入されています。
住宅ローンが借金ブログのテーマのサイトも多数あります。

 

住宅ローンを契約する際には、年収が分かるものと勤務先の情報、信用情報機関が保持する信用情報が必要になってきます。
ローン会社は、契約者本人に安定をした収入があるか、他のローンや借り入れなどで問題を起こしていないか、債務整理などの事故情報がないか、返済の能力や意思があるか、といった情報を参考にして、ローンの審査を通過させるかどうか判断をします。
ローン会社が安心をしてお金を貸すことが出来ると思う条件を満たして初めて、住宅ローンの契約を結ぶことが出来るのです。
信用情報機関では、任意整理を行ったという事故情報は5年程度保存をしています。
信用情報機関で事故情報が扱われている間というのは、ローンを組むことはもちろん出来ません。
ただ、任意整理を行った後に、きちんと返済を行なっていれば、返済能力や意思があるとみなされて、プラスの信用情報を築くことが出来るのです。
信用情報機関に事故情報が保存されている5年間の間に借金の完済をすれば、完済後は事故情報を消してくれる場合もあるようです。
なかなかないことではありますが、任意整理中でもローンの返済能力があると判断されれば、住宅ローンを組むことが出来るということもあるようです。
任意整理をしたから住宅ローンは組めないと諦めずに、ローン会社に「返済能力と意思」があることを分かってもらい、信頼を得るように務めることを第一に考えて下さい。