借金ブログでもよく耳にしますが、任意整理を行った場合、信用情報機関に事故情報が5年程度は残ったままになります。
事故情報が登録をされている間というのは、借り入れを行うこともできませんし、ローンを組んだり分割で購入をすることも出来なくなってしまいます。
信用情報機関に登録をされている情報というのは、金融会社が「返済能力や意思があるか」を判断する際に非常に大きな基準となっています。
5年という年月は非常に長いと思うかもしれませんが、任意整理を行って事故情報が登録をされている期間内に、借金を完済することが出来たのであれば、完済をしたという情報も信用情報機関に入りますので、返済能力があるとみなされて任意整理の事故情報を予定より早く消してくれるような場合もあるようです。
信用情報機関に登録をされている情報というのは、誰でも確認をすることが出来ますので、気になる方は問い合わせをしてみて、自分の登録情報がどのようになっているか確認をしてみて下さい。
信用情報機関に登録をされている事故情報が消えれば、借り入れを行うことも出来ますし、ローンや分割で物を購入することも出来ます。
任意整理は行なわないに越したことはありませんので、二度と同じ事を繰り返さないように、お金の使い方には慎重になるようにしましょう。